妊娠中に摂取してはいけない食事を確認しよう

妊娠中食事をする際に気を付けたい成分を知ろう

妊娠中の食事

普段何気なく食べているものでも、お腹に赤ちゃんがいる状態だと食べていいのか心配になります。お腹にいる赤ちゃんは母親から栄養をもらって成長します。なので気を付けたい食事のポイントを解説していきます。

妊婦の食事で気を付けること

アルコール

妊娠中に摂取したアルコールは、胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまいます。そうすると、胎児の発達に影響を与えてしまいます。なので、妊娠中はなるべくアルコールを摂取しないようにしましょう。

カフェイン

カフェインもアルコール同様に、胎児の発達を妨げてしまう恐れがあります。一日に摂取するカフェインの目安は、コーヒーなら1杯紅茶・緑茶なら2杯程度に抑えましょう。摂りすぎなければ、影響は少なくなります。なので一日に摂取する量を気を付けましょう。

ビタミンA

妊娠中だけでなく普段の生活でも必要とされているビタミンAですが、妊娠初期では違います。赤ちゃんの形態異常を引き起こす恐れがあるので、妊娠初期にビタミンAを摂取しすぎるのはよくありません。少しの量であれば問題ありません。ですが、レバーやウナギなどのビタミンAが大量に含まれている食材は、なるべく避けましょう。

ヨウ素

ヨウ素を摂りすぎてしまうと、赤ちゃんの甲状腺機能が低下する恐れがあります。ヨウ素は、昆布をはじめとする海藻類に多く含まれています。一見体に良さそうな海藻類ですが、妊婦の摂取は控えなければいけません。日本の料理には昆布がよく使われるので、摂りすぎに注意しましょう。

妊娠中に摂取してはいけない食事を確認しよう

料理

食中毒の感染

妊婦は、リステリア菌に感染しやすくなっています。リステリア菌により食中毒を起こしてしまうと、赤ちゃんにも影響が出てしまう恐れがあります。なので肉や魚類を食べるときは、必ず火を通してから食べましょう。生野菜や果物をよく洗い、手洗いを徹底することで、食中毒へのリスクを減らすことが可能です。キッチン周りを常に清潔に保つことも大事です。

水銀の摂取

水銀と聞くと体に悪いというイメージがありますが、実は魚に含まれています。よく日本人に食べられているマグロ類にも含まれているので、厚生労働省により妊婦の摂取を控えるよう呼び掛けています。水銀は胎児に大きな影響を与えてしまいます。なので週1で80gまでという摂取量を必ず守りましょう。

妊婦に最適な飲み物

コーラなどの清涼飲料水いはカフェインが含まれている場合があるので、避けるようにしましょう。そのほかにも、ウーロン茶や日本茶にもカフェインが含まれています。以外とカフェインが含まれていない飲み物は少ないです。麦茶や水には、カフェインが含まれていないので、多く飲んでも大丈夫です。先ほど説明したアルコール飲料とカフェインが大量に含まれている栄養ドリンクは、絶対に飲まないようにしましょう。

子どもに関するおすすめ記事

病院

不妊で悩んでいる女性必見!不妊治療で子どもを授かろう

絶対不妊と呼ばれる体の女性はとても少ないです。なのであなたが妊娠できないのは、男性不妊など色々な要因が考えられます。ひとつひつとつの方法を試すことで、あなたも子どもを授かることが出来るでしょう。不妊治療について知りたいかは、見てみましょう。

READ MORE
料理

妊娠中に摂取してはいけない食事を確認しよう

妊婦は、胎児のために栄養を考えながら食事を摂らないといけません。逆に摂取すると危険な栄養成分もあるので確認する必要があります。この記事で妊娠中に気を付ける成分を確認してこれからの食事を考えましょう。

READ MORE
広告募集中